SSL対応(セキュリティ対策)について

当サイト「[site_title]」は、SSLに対応しています。

そこで、SSLについて少し説明させていただきます。

SSLとは?

普段、私たちが利用しているインターネットは、そのままでは簡単に他人に通信情報を覗かれてしまう危険性があります。

それは郵便はがきのようなもので、その気になれば誰でも読めてしまうので、他人情報を盗もうとする悪意のある人に大切な情報を簡単に盗まれてしまうかもしれないのです。

そこで考えられたのが、通信内容を暗号化するSSL方式というものです。

先ほどの郵便はがきの例で言えば、保護シールを貼って内容を隠す方法に似ています。SSLでは、これを「情報の暗号化」というより安全な方法で行います。

情報を暗号化することで、個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータをインターネット上で安全にやり取りすることができます。

SSLで何が防げる?

SSLによって、以下のようなことを防ぐことができます。

1.なりすまし

サイトの運営者になりすました者が、個人情報やクレジットカード情報などを入力させ盗み取ろうとすること。

2.盗聴

通信情報を盗聴して、メールアドレスや住所などの個人情報を収集しようとすること。

3.データの改ざん

閲覧しているホームページの内容が改ざんされたり、ネットショップでの商品注文内容などのデータを改ざんされてしまうこと。

SSL対応サイトの見分け方

SSLに対応しているサイトかどうかは、ホームページアドレス(URL)の始まりが「http://」か「https://」かで簡単に見分けることができます。

「https://」で始まるサイトはSSL対応サイトで、通常、ブラウザのアドレスバーの頭または末尾に鍵マークが表示されます。

ただし、表示されているサイト(ページ)内の画像などに「http://」で始まるURLのものが含まれている場合などは、鍵マークが表示されないことがあります。

いずれにしても、インターネット上のウェブサイトを閲覧する際は、必ずブラウザのアドレスバーに目をやり、ホームページアドレス(URL)の始まりが「http://」か「https://」か、鍵マークが表示されているかを確認する習慣を身につけておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました